コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川口鋳物 かわぐちいもの

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

川口鋳物
かわぐちいもの

室町末期ごろまでに武蔵(むさし)国足立(あだち)郡川口(埼玉県川口市)周辺で創業された地場(じば)産業。近世には「川口鍋(なべ)」として知られた。荒川の良質砂と粘土、舟運の便、消費地江戸を控えて繁栄。記録上最古の作品は、江戸日吉山王(ひえさんのう)社の天正(てんしょう)14年(1586)銘の鰐口(わにぐち)。江戸時代、京都真継(まつぎ)家免許鋳物師(いもじ)としてギルド組織を形成、鍋、釜(かま)、梵鐘(ぼんしょう)、水盤などを製作する。化政(かせい)期(1804~30)以降発展著しく、1824年(文政7)業者数13人であったのが、61年(文久1)には23人に増加。幕末には下請けの買湯屋が出現、マニュファクチュア形態がみられ、幕府や諸藩の大砲鋳造も行う。明治以降技術革新と新販路開拓に努め、日清(にっしん)戦争後数次の戦争で急成長した。太平洋戦争後は民需に転換。1984年(昭和59)機械用銑鉄鋳造だけで年間33万トン、全国生産の約10%を占める。[大村 進]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の川口鋳物の言及

【川口[市]】より

…定まった日の市立てはなかったが,古くから鋳物の産地として交易が盛んであった。川口鋳物の創業は建久年間(1190‐99),暦応年間(1338‐42)などの諸説があるが確かなことは不明。記録に残る最古の作品は江戸赤坂日吉山王宮の1586年(天正14)の鰐口,その他元和・寛永(1615‐44)銘の梵鐘が各地に残されている。…

※「川口鋳物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

川口鋳物の関連キーワード埼玉(県)川口(市)小林 英三大村

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

川口鋳物の関連情報