コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川名のひよんどり

デジタル大辞泉プラスの解説

川名のひよんどり

静岡県浜松市に伝わる民俗芸能。北区引佐町川名の福満寺薬師堂で1月に行われる。五穀豊穣、子孫繁栄を祈る祭礼で、祭りのクライマックスとなる松明若衆によるもみ合いから「火踊祭」と呼ばれたものがなまって「ひよんどり」となったとされる。近接する地区に伝わる「寺野のひよんどり」「懐山のおくない」とともに「遠江のひよんどりとおくない」として1994年、国の重要無形民俗文化財に指定。「川名八日堂ひよんどり」ともいう。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

川名のひよんどりの関連キーワード静岡県浜松市遠江

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android