川尻 琴湖(読み)カワジリ キンコ

20世紀日本人名事典の解説

明治・大正期の新聞記者 報知新聞秘書部長兼論説係。



生年
明治10(1877)年1月16日

没年
大正13(1924)年2月16日

出生地
秋田県秋田市

本名
川尻 東馬(カワジリ トウマ)

経歴
明治30年に上京し、進歩党で事務員を務めたのち憲政党・憲政本党などで党報の編集などに当たる。32年毎日新聞に入社、従軍記者として北進事変や日露戦争を報道し、大いに名を挙げた。のち「万朝報」「東京朝日新聞」で活動し、大正8年町田忠治の招きで報知新聞社に入社、秘書部長に就任するとともに論説も執筆。記者生活の傍らで、普通選挙実現の運動にも参加した。人形劇作家の川尻泰司は息子。また、俳優・西村晃の岳父に当たる。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android