コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川尻泰司 かわじり たいじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川尻泰司 かわじり-たいじ

1914-1994 昭和-平成時代の人形劇団主宰者,演出家。
大正3年6月15日生まれ。川尻東次の弟。兄の没後,人形クラブ(現人形劇団プーク)をひきつぐ。戦時中活動を封じられたが戦後に再開。昭和36年人形劇映画「セロ弾きのゴーシュ」を製作。46年プーク人形劇場を開設,「青い鳥」などを上演した。平成6年6月25日死去。80歳。東京出身。東京府立第八中学卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の川尻泰司の言及

【人形劇】より

…21年(大正10)に土方与志(ひじかたよし)舞台装置研究所で装置家伊藤熹朔(きさく)が弟の演出家千田是也と協力して人形劇に手をそめ,29年には川尻東次が人形クラブを創立した。この劇団は川尻泰司が受けついで,人形劇団プークとして今日にいたっている。日本の糸操りは結城(ゆうき)人形座や竹田人形座が発展させてきた。…

※「川尻泰司」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

川尻泰司の関連キーワード牧野省三第一次世界大戦史(年表)チャップリンセネット[各個指定]芸能部門[各個指定]工芸技術部門第一次世界大戦クエンティン タランティーノグリフィス平山郁夫