コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川崎大治 かわさき だいじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川崎大治 かわさき-だいじ

1902-1980 昭和時代の児童文学者。
明治35年3月29日生まれ。新興童話作家連盟に参加,また無産者託児所運動などにつくす。昭和6年槙本楠郎(まきもと-くすろう)らとプロレタリア童謡集「小さい同志」を出版。のち生活童話に転じ,童話集「太陽をかこむ子供たち」などを発表。戦後,日本児童文学者協会の創立に参加。昭和55年8月8日死去。78歳。北海道出身。早大卒。本名は池田政一。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の川崎大治の言及

【児童文学】より

…千葉省三は《虎ちゃんの日記》(1925)をはじめとする一連の作品で,酒井朝彦は〈木曾もの〉と呼ばれる作品で,郷愁と結びついたリリシズムを描き,また坪田譲治は〈善太・三平もの〉でリアルな児童像を造形して,それぞれにこの時期を代表している。 小川未明や秋田雨雀をさきがけとして社会性のある主題は児童文学のものになってきたが,それを決定的なものにしたのは昭和初年のプロレタリア児童文学運動で,槙本楠郎,猪野省三,川崎大治たちが活躍した。マルクス主義陣営からの批判は,未明童話をもふくめて童心主義の非社会性と超階級性に徹底的に向けられた。…

※「川崎大治」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

川崎大治の関連キーワード黒人問題印僑醸造業朝鮮映画RCA自動車工業正岡子規熱雲ウォン恐怖映画