コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川成引 カワナリビキ

デジタル大辞泉の解説

かわなり‐びき〔かはなり‐〕【川成引】

江戸時代、河川洪水のために荒れた田畑年貢を免除すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の川成引の言及

【川成】より

…このことは,当時,戦時など非常のときには川成にも役が課せられるようになったことを示すといえる。近世でも,検地の折,川成の開発可能地は川成引(かわなりひけ),川欠引(かわかけひけ)と称され,復旧するまで年貢が免除された。そのほかは棄地となった。…

※「川成引」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

川成引の関連キーワード江戸時代

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android