コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川止(め)/川留(め) カワドメ

2件 の用語解説(川止(め)/川留(め)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かわ‐どめ〔かは‐〕【川止(め)/川留(め)】

江戸時代、川が増水したときに、安全のため渡し船の運行を休止したこと。川づかえ。→川明き

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

川止【かわどめ】

川留とも記し,川支(かわづかえ)ともいう。江戸時代川越が行われた河川で一定以上増水した場合に渡河を禁止したこと。大井川では常水2尺5寸とし,4尺5寸で一般人の通行,5尺で公用も含めて一切の渡河が禁止された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone