公用(読み)くよう

精選版 日本国語大辞典「公用」の解説

く‐よう【公用】

〘名〙 (「く」は「公」の呉音)
① 公の用件。役所の用務。こうよう。
※続日本紀‐天平一六年(744)二月丙辰「司別給公廨銭惣一千貫、交関取息永充公用
② 荘園、国衙領、名田、関所などの年貢、公事、請料、所職の任料など公的な需要をみたすのに必要な費用。
※神宮雑書‐建久七年(1196)二所太神宮神主解「為代々不輸之地、致供祭上分之勤、無神税公用煩之由具也」
※山科家礼記‐長享三年(1489)七月一〇日「御くようは毎月つこもりことに五百文宛可進納申之」
③ 銭貨。
※伊豆浜村文書‐永祿一一年(1568)六月六日・北条氏康印判状「必々大屋所へ来、炭、鉄、公用可請取申

こう‐よう【公用】

〘名〙
① 公共のことに用いること。また、国家や公共団体が使用すること。
※耕地整理法(明治四二年)(1909)四三条「公共団体の公用又は公共の用に供する土地」 〔漢書‐母将隆伝〕
② おおやけの用事。国家、公共団体、または勤務する会社などの用事。公務。⇔私用。〔文明本節用集(室町中)〕
※浮世草子・新色五巻書(1698)二「されば疾く見舞ふ筈なりしが、公用(コウヨウ)につき遅なはりぬ」
③ おおやけの費用。官府の費用。
※浄瑠璃・平家女護島(1719)一「黄金の交し金仏、金の精とおぼえたり。つゐでに御ぐしも打ひしぎ、鋳つぶして公用に達せん」 〔申鑒‐政体〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

産学連携キーワード辞典「公用」の解説

公用

「公用」とは、特許法上、公然と実施されたことを指す。新規性を失った技術の条件となる。したがって、「公用」の技術は特許権を得ることができない。

出典 (株)アヴィス産学連携キーワード辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「公用」の解説

こうよう【公用】

室町時代の京着年貢一種。本来は公共のことに用いること,国家的なおおやけ用事などをいい,主としておおやけの費用,官府の費用を指す言葉であった。やや限定した意味では,室町期以降の荘園制動揺過程に頻出する代官請負制下の京着年貢を意味するようになる。室町期の荘園支配は,武家領,公家領たるを問わず,実質的荘務権を放棄し,それを現地の実力者にゆだねていた。中央集住の荘園領主,あるいは幕府や遠隔地に所領をもつ武家領主にとっても,契約した年貢納入額を確保することが困難かつ重要となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android