コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川越いも

デジタル大辞泉プラスの解説

川越いも

埼玉県で生産されるサツマイモ。品種は紅赤紅東など。当地では古くからサツマイモの栽培が盛んで、江戸時代には「栗(九里)より(四里)うまい十三里」のキャッチフレーズで川越いもの名が知られるようになる。特に皮色が美しく食感のよい紅赤は明治期に浦和の主婦山田いちが偶然発見した突然変異種で、近年では栽培者は少ないものの、ブランド野菜として人気がある。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

川越いもの関連キーワード三芳(町)

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

川越いもの関連情報