コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巡洋艦オーロラ号 じゅんようかんオーロラごう

1件 の用語解説(巡洋艦オーロラ号の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

じゅんようかんオーロラごう【巡洋艦オーロラ号】

ロシアのサンクトペテルブルグに係留されている船。かつてバルチック艦隊に属し、1905年日本海海戦に参加したり、1917年十月革命では開始の号砲を放ったりした経歴をもつ巡洋艦で、ペトロパブロフスク要塞の東1.5km、ネヴァ川から支流が分かれるエリアに係留されている。3本の煙突に特徴があり、排水量は6000tで、1952年に退役して艦自体が博物館になっている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

巡洋艦オーロラ号の関連キーワードペテルブルグサンクトペテルブルグペトログラードПетербургПетроградサンクトペテルブルグ要塞ペテルスブルクサンクトペテルブルク交響楽団サンクトペテルブルク・フィルハーモニー交響楽団サンクト・ペテルブルグ大学

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone