コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

排水量 ハイスイリョウ

百科事典マイペディアの解説

排水量【はいすいりょう】

船舶トン数の一種。船が静水中で浮かび平衡を保つとき排除する水の重量。水線下の船の体積と水の比重との積に等しく,そのときの船の重量に等しい。主として軍艦の大きさを表すのに用いられる。
→関連項目造船

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

はいすいりょう【排水量】

船を水に浮かべたとき、船が押しのける水の量。その水の重さは船の重さに等しいので船の重量表示に用いられる。 → トン

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

排水量
はいすいりょう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の排水量の言及

【喫水】より

…船の水面下に沈んでいる部分の深さであるが,これはまた水面下の部分の容積を示すものさしともなる。すなわち浮いている物体の水面下の容積と同容積の水の重量は,その物体の重量と等しいから,喫水の値を基に船の重量(排水量)を求めることができる。積荷を積載すればその重量に相当する分だけ喫水は増加し,燃料を消費すれば喫水は減少する。…

【船舶トン数】より

…前者のトン数は船の容積を基として算出され,総トン数,純トン数,運河トン数などの区別があるが,あくまでも大きさの指標であって物理的な意味の単位ではない。後者の重量を表すトン数には排水量,載貨重量などがあり,この単位は重量のトンである。このように船のトン数が紛らわしいのは,その起源に歴史的な経緯があることと,意味が異なるにもかかわらず同じトンという言葉が使われることによっている。…

※「排水量」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

排水量の関連キーワードジョイデス・レゾリューションデヴァステーションアミラル・デュプレデヴァスタシオンシャルルマーニュスウィフトシュア那珂型軽巡洋艦エイジャックスドレッドノートフリードランドトラファルガーオーデイシャス載貨重量トン数ルドゥタブルネプチューンリシュリューノーチラス号ディフェンスマイノーターシュパーブ

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

排水量の関連情報