コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

工学単位 こうがくたんいengineering unit

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

工学単位
こうがくたんい
engineering unit

工学上の諸計算に便利なように定められた単位で,基本的にはメートル (m) ,キログラム (kg) ,秒 (s) および電流単位アンペア (A) を用いる MKSA単位系に準じた呼称の単位を使うが,便宜上他系統の単位も混用する。力の単位は重力単位系によるので,呼称は質量と同じキログラム (正しくは重量キログラム,記号 Kgまたは kgw,kgf) であるが,これには重力加速度g ( =0.98m/s2 ) が入るので,1Kg=0.98kgm/S2 (メガダイン) 。質量単位 kgと力の単位 Kgの書分けはあまり厳格に守られないので,場合によっては注意を要する。それで最近はSI表記により,力の単位にはニュートン (記号N。N=9.80665kgf) ,また圧力,応力の単位にはパスカル (記号 Pa。 Pa=N/m2 ) が世界的に多く使われる傾向にあり,JISもこの単位表記に移りつつある。ほかに工率,動力にはキロワット (kW) ,馬力 (HP) ,仕事,エネルギー,熱量にはジュール (J) ,キロワット時 (kWh) ,キロカロリー (kcal,Cal) ,電圧はボルト (V) ,電気量はクーロン (C) ,磁束密度はガウス (G) ,テスラ (T) ,磁場の強さはエルステッド (Oe) ,光度はカンデラ (cd) ,光束はルーメン (lm) ,照度はルックス (lx) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

工学単位の関連キーワードMKS単位系耐風設計

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android