重力単位系(読み)じゅうりょくたんいけい(英語表記)gravitational system of units

  • じゅうりょくたんいけい ヂュウリョクタンヰケイ
  • じゅうりょくたんいけい〔ヂユウリヨクタンヰケイ〕
  • 重力単位系 gravitational system of units

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

基本単位に長さ,重さ,時間をとる学量の単位系。おもに工学で用いられるので工学単位系とも呼ばれる。それぞれの基本単位は,CGS重力単位系ではセンチメートル(cm),重量グラム(gw), (s) ,MKS重力単位系ではメートル (m) ,重量キログラム(kgw),秒である。重さは同じ物体でも場所によって違うので,標準重力加速度の場所での重さと定められている。しかし重力加速度の変動はわずかであるので,実用上は各地での重さの実測値をそのまま用いる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

基本単位として、長さ・時間・重力を用いる単位系。重力が場所によって異なるため厳密なものではないが、実用的なので工学部門で用いられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

単位系の一種。基本量として長さ,重さ(物体に作用する地球の重力),時間を選び,それぞれに対して定めた単位を基本単位としてさまざまな量の単位を構成していく単位系である。基本単位としてメートル(m),重量キログラム(kgfまたはkgw),秒を採用するMKS重力単位系,センチメートル(cm),重量グラム(gfまたはgw),秒を採用するCGS重力単位系のほか,フートまたはヤード重量ポンド,秒を採用する単位系などがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

基本的な量の質量のかわりに地球重力加速度による力または重量をとる単位系。単位系には基本単位の量として時間および空間に対して独立のものを選んだものと、特定の関係にあるものを選んだものとがある。前のものを絶対単位系といい、CGS単位系、MKS単位系、国際単位系など多くの単位系はこれに属し、基本的な量に長さ、質量および時間をとる。しかしこの質量のかわりに地球重力加速度による力または重量をとるものがある。これを重力単位系とよび、工学で広く用いられている。一般に基本単位として1重量キログラムkgfをとるが、地球重力加速度は場所により差があるので、1901年の国際度量衡総会で1重量キログラムを定義するための標準重力値として980.665センチメートル毎秒毎秒と定めた。現在の計量法では、kgfは用いないこととなっている。

[小泉袈裟勝・今井秀孝]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 基本単位として長さ、時間および重力を用いて、他の単位をこれによって表わす単位系。重力単位。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android