コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

工芸官 コウゲイカン

2件 の用語解説(工芸官の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうげい‐かん〔‐クワン〕【工芸官】

紙幣・切手・収入印紙・国債などの原画を描き、印刷原版を彫刻する技術者。独立行政法人国立印刷局に所属する国家公務員

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

工芸官

国立印刷局所属の国家公務員。お札などの原図を描くデザイン担当と、原図を基に原版を手彫りする彫刻担当が約10人ずついる。普段は印紙や証紙、国債などの製造で技術を磨き、ベテランの彫刻担当は1ミリ幅に10本以上の線を彫り込むという。工芸官の間では「針研ぎ3年、描き8年、美蘭(びらん)咲く(ビュランという特殊な彫刻刀で美しいランの花を彫れるようになる)のは18年」と言い継がれる。

(2007-09-14 朝日新聞 朝刊 2経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

工芸官の関連キーワード国家公務員共済組合国家公務員法国立印刷局印刷局国家公務員倫理規程国家公務員倫理法一種試験一般職試験二種試験国家公務員の政治活動

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone