コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

工芸官 コウゲイカン

2件 の用語解説(工芸官の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうげい‐かん〔‐クワン〕【工芸官】

紙幣・切手・収入印紙・国債などの原画を描き、印刷原版を彫刻する技術者。独立行政法人国立印刷局に所属する国家公務員

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

工芸官

国立印刷局所属の国家公務員。お札などの原図を描くデザイン担当と、原図を基に原版を手彫りする彫刻担当が約10人ずついる。普段は印紙や証紙、国債などの製造で技術を磨き、ベテランの彫刻担当は1ミリ幅に10本以上の線を彫り込むという。工芸官の間では「針研ぎ3年、描き8年、美蘭(びらん)咲く(ビュランという特殊な彫刻刀で美しいランの花を彫れるようになる)のは18年」と言い継がれる。

(2007-09-14 朝日新聞 朝刊 2経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone