コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

収入印紙 しゅうにゅういんし

5件 の用語解説(収入印紙の意味・用語解説を検索)

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

収入印紙

政府が発行する証票で、手数料や税金、罰金などの納付のために使用するもの。 納付者が、納付する金額分の収入印紙をあらかじめ購入し、文書に貼付する。これに消印することにより、手数料や罰金、税金の支払いが完了するしくみとなっている。 収入印紙は市役所や郵便局の窓口、印紙売りさばき所などで購入することができる。購入後は切手などと同様に保管することができ、会社においては資産とみなされる。

出典|ナビゲート
Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しゅうにゅう‐いんし〔シウニフ‐〕【収入印紙】

国庫の収入となる租税・手数料その他の収納金の徴収のために、財務省が発行する証票。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

収入印紙【しゅうにゅういんし】

印紙

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

しゅうにゅういんし【収入印紙】

国庫への収納金の徴収のため、政府が発行する一定額を表章する証票。手数料・罰金・科料・訴訟費用や印紙税・登録税などの徴収に用いる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

収入印紙
しゅうにゅういんし

国庫の収入の一部である印紙税や登録免許税、手数料、罰金、科料などの徴収のために国が発行している証票の一種。
 税金やその他の公課の納付は金銭の形でするのが原則であるが、それらの金額に相当する収入印紙を一定の書類に貼付(ちょうふ)することによって納付する方法を印紙納付という。「印紙をもつてする歳入金納付に関する法律」(昭和23年法律第142号)には、「国に納付する手数料、罰金、科料、過料、刑事追徴金、訴訟費用、非訟事件の費用および少年法の規定により徴収する費用は、印紙をもつて、これを納付せしめることができる」「印紙をもつて租税及び国の歳入金を納付するときは、収入印紙を用いなければならない」と規定されている。手数料の種目は各省各庁の長が定める。印紙税法の別表第1には、印紙税が課される文書が掲げられ、課税標準と税率が定められている。登録免許税は、税額が3万円以下、その他特定の場合に、印紙納付の方法によることができるとされる。2009年度(平成21)予算においては、租税および印紙収入合計額46兆1030億円に対して印紙収入額は9850億円となっている。[林 正寿]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の収入印紙の言及

【印紙】より

…国は印紙の発行・販売によりあらかじめ金銭を収納し,特定の租税・手数料等の納付については,印紙を使用させ,その貼付,消印等によって納付があったものとするとともに,印紙としての価値を失わせることにより,歳入金の徴収の目的を達する。1997年現在,使用されている印紙には,(1)収入印紙,(2)雇用保険印紙,(3)農産物検査印紙,(4)自動車検査登録印紙,(5)健康保険印紙,(6)国民年金印紙,(7)自動車重量税印紙,(8)特許印紙および登記印紙の9種類である。収入印紙は,(2)~(8)の印紙によって納付すべき場合を除いて,法令の規定により印紙をもって租税および国の歳入金を納付することが認められているすべての場合に使用される(印紙をもってする歳入金納付に関する法律,1948公布)。…

【印紙税】より

…各種の契約書,手形,金銭の受取書など,印紙税法(1967公布)別表第1課税物件表に掲げる文書を課税物件とする租税。課税物件たる文書にその作成者が印紙(収入印紙)を貼付し,これを作成者の印章等で消印して納付することを原則とする租税であるところからこの名がある。印紙税は,文書作成の背後にある経済取引等に担税力を認めて軽度の税率で課税する流通税であり,その税率は,文書の記載金額に応じて負担を求める階級定額税率と,記載金額にかかわらず一律に負担を求める定額税率とを主としている。…

※「収入印紙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

収入印紙の関連キーワード口座手数料手数料委託手数料円債為替手数料T-BOND契約管理手数料解約手数料ノーロード申込手数料

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

収入印紙の関連情報