コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内山紙 ウチヤマガミ

デジタル大辞泉の解説

うちやま‐がみ【内山紙】

長野県の下高井郡・下水内(しもみのち)郡などで産する和紙。高級障子紙として使用。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本文化いろは事典の解説

内山紙

産地:長野 雪の上に晒す(雪ざらし)ことで薬品の使用量が抑えられ、さらに自然な白さが得られます。また、通気性・通光性に優れ、強靭であるため、障子紙に使われます。

出典 シナジーマーティング(株)日本文化いろは事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

内山紙

長野県飯山市、下高井郡野沢温泉村、下水内郡栄村で生産される和紙。原料はコウゾ。江戸時代初期に信濃国高井郡内山村の職人が美濃国で製法を学び、自宅で漉きはじめたのが起源とされる。「凍皮」「雪晒し」などの独特の技術を用いる。丈夫で色は白く、障子紙などに加工される。1976年、国の伝統的工芸品に指定。「うちやまし」とも読む。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

うちやまがみ【内山紙】

和紙の一。長野県の東北端、飯山市・野沢温泉村・栄村などで産する。楮こうぞを原料とするきめの細かい高級障子紙。内山書院紙。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

内山紙[紙工芸・和紙]
うちやまがみ

北陸甲信越地方、長野県の地域ブランド。
飯山市・下高井郡木島平村で製作されている。江戸時代初期に美濃で製法を学んだ職人・萩原喜右ヱ門が、自分の家で漉いたのが始まりといわれている。名称は発祥地の内山(現・下高井郡木島平村)に由来する。多量の雪にを晒して楮の皮を白く漂泊する凍皮や雪晒しなど独特の技法をつくりだした。楮100%の手漉き和紙は強靱で、通気性・通光性・保温力に優れる。そのため、障子紙としてよく利用される。1976(昭和51)年6月、通商産業大臣(現・経済産業大臣)によって国の伝統的工芸品に指定。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

内山紙の関連キーワード木島平[村]長野県飯山市内山書院紙紙細工工芸紙産地

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android