コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内山紙 ウチヤマガミ

4件 の用語解説(内山紙の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うちやま‐がみ【内山紙】

長野県の下高井郡・下水内(しもみのち)郡などで産する和紙。高級障子紙として使用。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本文化いろは事典の解説

内山紙

産地:長野 雪の上に晒す(雪ざらし)ことで薬品の使用量が抑えられ、さらに自然な白さが得られます。また、通気性・通光性に優れ、強靭であるため、障子紙に使われます。

出典|シナジーマーティング(株)
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

内山紙

長野県飯山市、下高井郡野沢温泉村、下水内郡栄村で生産される和紙。原料はコウゾ江戸時代初期に信濃国高井郡内山村の職人が美濃国で製法を学び、自宅で漉きはじめたのが起源とされる。「凍皮」「雪晒し」などの独特の技術を用いる。丈夫で色は白く、障子紙などに加工される。1976年、国の伝統的工芸品に指定。「うちやまし」とも読む。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

うちやまがみ【内山紙】

和紙の一。長野県の東北端、飯山市・野沢温泉村・栄村などで産する。楮こうぞを原料とするきめの細かい高級障子紙。内山書院紙。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内山紙の関連キーワード野沢[温泉]長野県下高井郡長野県下高井郡野沢温泉村坪山長野県下高井郡野沢温泉村豊郷長野県下高井郡野沢温泉村七ケ巻長野県下高井郡野沢温泉村長野県下高井郡野沢温泉村東大滝長野県下高井郡野沢温泉村平林長野県下高井郡野沢温泉村前坂長野県下高井郡野沢温泉村虫生

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

内山紙の関連情報