コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿波和紙

2件 の用語解説(阿波和紙の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

阿波和紙

徳島県吉野川市、那賀郡那賀町、三好市池田町で生産される和紙。原料はコウゾミツマタなど。製造の歴史は長く、9世紀の書物に、朝廷に仕えていた忌部族が麻やコウゾを栽培して布や紙の製法を広めたとの記述がみられる。やさしい生成りの色合いと丈夫さが特長で、画仙紙、工芸紙などに用いられる。1976年、国の伝統的工芸品に指定。「阿波紙(あわがみ)」とも。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本文化いろは事典の解説

阿波和紙

産地:徳島 特産の藍を使った染紙が多く作られました。また、黄蘗〔きはだ・おうばく〕や千振〔せんぶり〕を使って染めた紙には防虫効果があり、記録用紙として使われ ました。現在は独特の藍染加工法により、2次加工品として壁紙、襖紙などのインテリア用品、色紙・財布などの手芸品材料、便箋・封筒などの書簡用紙など様 々な用途に用いられています。

出典|シナジーマーティング(株)
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

阿波和紙の関連キーワード徳島県那賀郡那賀町阿津江徳島県那賀郡那賀町大久保徳島県那賀郡那賀町雄徳島県那賀郡那賀町木頭徳島県那賀郡那賀町沢谷徳島県那賀郡那賀町長安徳島県那賀郡那賀町中山徳島県那賀郡那賀町鉢徳島県那賀郡那賀町横谷徳島県那賀郡那賀町吉野

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

阿波和紙の関連情報