コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿波和紙

デジタル大辞泉プラスの解説

阿波和紙

徳島県吉野川市、那賀郡那賀町、三好市池田町で生産される和紙。原料はコウゾミツマタなど。製造の歴史は長く、9世紀の書物に、朝廷に仕えていた忌部族が麻やコウゾを栽培して布や紙の製法を広めたとの記述がみられる。やさしい生成りの色合いと丈夫さが特長で、画仙紙工芸紙などに用いられる。1976年、国の伝統的工芸品に指定。「阿波紙(あわがみ)」とも。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本文化いろは事典の解説

阿波和紙

産地:徳島 特産の藍を使った染紙が多く作られました。また、黄蘗〔きはだ・おうばく〕や千振〔せんぶり〕を使って染めた紙には防虫効果があり、記録用紙として使われ ました。現在は独特の藍染加工法により、2次加工品として壁紙、襖紙などのインテリア用品、色紙・財布などの手芸品材料、便箋・封筒などの書簡用紙など様 々な用途に用いられています。

出典|シナジーマーティング(株)日本文化いろは事典について | 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

阿波和紙[紙工芸・和紙]
あわわし

四国地方、徳島県の地域ブランド。
主に吉野川市で製作されている。その歴史は古く、奈良時代に朝廷に使えていた忌部族の人々が、麻や楮を植えて紙や布の製造を始めたのが起源という。紙漉きに適した清水に恵まれた徳島県西部の地域で、現在も伝承技法をいかし丁寧に手漉き和紙がつくられている。徳島県伝統的特産品。1976(昭和51)年12月、通商産業大臣(現・経済産業大臣)によって国の伝統的工芸品に指定。

出典|日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について | 情報

阿波和紙の関連キーワード徳島県吉野川市山川町川東徳島県吉野川市吉野川(市)山川〈町〉四国地方川田

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

阿波和紙の関連情報