コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

左冠状動脈肺動脈起始症 ひだりかんじょうどうみゃくはいどうみゃくきししょう nomalous origin of the left coronary artery from the pulmonary artery

1件 の用語解説(左冠状動脈肺動脈起始症の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

左冠状動脈肺動脈起始症
ひだりかんじょうどうみゃくはいどうみゃくきししょう
nomalous origin of the left coronary artery from the pulmonary artery

左右の冠状動脈は本来,大動脈から分枝するが,左冠状動脈が肺動脈から出る先天異常をいう。右冠状動脈から左冠状動脈に流れる血液の量によって乳児型と成人型に分けられる。乳児型は,流入量が少いために左心室壁に酸素が十分供給されず,乳児期に死亡する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

左冠状動脈肺動脈起始症の関連キーワード冠状動脈頸動脈大動脈弓椎骨動脈冠動脈心疾患下行大動脈冠状動脈血栓症冠状動脈バイパス術冠動脈(冠状動脈)左冠状動脈

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone