左右無し(読み)ソウナシ

デジタル大辞泉の解説

そう‐な・し〔サウ‐〕【左右無し】

[形ク]《「左右」はあれこれ、とやかく、の意》
ためらわない。無造作である。
「―・くは撃って蒐(かか)られず」〈紅葉・二人女房〉
「―・く湯殿へ行きて、はだかになりて」〈宇治拾遺・三〉
どちらともつかない。
「なほこのこと―・くてやまむ、いとわろかるべし」〈能因本枕・二〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そうなし【左右無し】

( 形ク )
〔「左右」はどちらにするか決定すること、あるいはあれやこれや言うこと〕
どちらとも決まらない。 「いと久しうありて、起きさせ給へるに、なほこの事-・くてやまむ、いとわろかるべしとて/枕草子 二〇・能因本
あれこれとためらわない。無造作だ。 「此を其ぞと思ひて、-・く家へ行けるに/今昔 26

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android