コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

左夫流児 さぶるこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

左夫流児 さぶるこ

?-? 奈良時代の遊女。
越中(富山県)の人。都に妻をのこして越中に赴任してきた史生尾張少咋(おわりの-おくい)の愛人。「万葉集」に越中守(かみ)大伴家持天平感宝(てんぴょうかんぽう)元年(749)によんだ,少咋の浮気をさとす和歌がのこされている。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

左夫流児の関連キーワードさどわす奈良時代鈴・鐸後振り遊女

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android