左扇(読み)ヒダリオウギ

大辞林 第三版の解説

ひだりおうぎ【左扇】

左うちわ」に同じ。 「寒風却つて春風と、-の歓楽に/浄瑠璃・源氏冷泉節」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ひだり‐おうぎ ‥あふぎ【左扇】

〘名〙 扇を左手でゆっくり使うこと。転じて、安楽に暮らすこと。また、得意になっているようす。ひだりうちわ。
※清原国賢書写本荘子抄(1530)二「我か左扇でねまらんとせん」
洒落本・箱まくら(1822)下「おまへがよふうってじゃから、かかさんは左扇(ヒダリアフギ)じゃ」
[補注]利き手でない左手で扇や団扇を使うのは、暑さも大したことはないからで、涼をとるのにさほど切迫していないというところから、気楽・安楽などの意に転じたという。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android