安楽(読み)あんらく

精選版 日本国語大辞典「安楽」の解説

あん‐らく【安楽】

〘名〙
① (形動) (まれに「として」の付くこともある) 心身に苦痛がなく、穏やかで楽なこと。満ちたりて心が平和なこと。また、そのさま。
※続日本紀‐養老五年(721)三月癸丑「思欲家々貯積、人々安楽
※宇治拾遺(1221頃)六「けふ人なき所に一人ゐて、物をくひ、酒をのむ、安楽なること」 〔孟子‐告子・下〕
② (━する) 心身の苦痛をのぞき、楽にすること。
※今昔(1120頃か)一「君、仏に成給ふ事は慈悲に依て衆生を安楽せしめむと也」
③ 安逸に快楽にふけること。
※彝倫抄(1640)「五倫の一つを安楽(アンラク)栄耀のもてあそびものとしたまふゆへに、皆あしくほろび玉へり」
④ (sukhāvatī の訳語) =あんらくこく(安楽国)
※教行信証(1224)六「娑婆化主、因其請故即広開浄土之要門、安楽能人顕彰別意之弘願」 〔無量寿経‐上〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「安楽」の解説

やすらい〔やすらひ〕【安楽/夜須礼】

安楽祭(やすらいまつり)」に同じ。 春》「―の花よ踏まれな跡なる子/暁台

あん‐らく【安楽】

[名・形動]心身の苦痛や生活の苦労がなく、楽々としていること。また、そのさま。「老後の安楽を願う」「安楽な生活を送る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android