差下(読み)さしくだす

精選版 日本国語大辞典の解説

さし‐くだ・す【差下】

〘他サ四〙 (「さし」は接頭語)
① 兵などをつかわす。また、物を下げ渡す。
※延慶本平家(1309‐10)一本「門跡の大衆三十余人を差下し敦賀の中山にて神輿を留め奉る」
② 下の方へ動かす。下方へ移動させる。
※日葡辞書(1603‐04)「ナワヲ saxicudasu(サシクダス)
③ 舟をこいで下流へ行かせる。
※金刀比羅本平治(1220頃か)下「又もやさがさんずらんと思ひ、舟をはやはやとさしくだす」

さし‐おろ・す【差下】

〘他サ五(四)〙 (「さし」は接頭語) おろす。さげる。また、その方に向けておろす。
※古事記(712)上「其の沼矛を指下(さしおろし)て画きたまへば」

さし‐おろし【差下】

〘名〙 新しい品物の用い始め。また、その品物。おろしたて。
※浮世草子・好色二代男(1684)六「中脇差に栖袋(すぶくろ)を掛、さしおろしの菅笠を被(かづき)て」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android