コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

差(し)出し サシダシ

デジタル大辞泉の解説

さし‐だし【差(し)出し】

差し出すこと。
母屋(もや)からさしかけに張り出した下屋(げや)。
芝居の舞台、特に花道で、役者の顔をよく見せるため、柄のついた燭台(しょくだい)を二人の後見が前後から差し出すもの。面(つら)明かり。面火。
戦国時代大名領内家臣に、知行地面積作人・年貢高などを記して提出させた報告書

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

差(し)出しの関連キーワード差し入り・差入り巻き込む・巻込むラウレンチウスマルコ・ポーロ歌舞伎の用語回内筋症候群キュロス1世郵便ポストキシダグモ保釈保証金山路諧孝複合文書御貸付金渋染一揆忠誠誓約航空書簡舞台照明大政奉還橋本実梁古文書学

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android