コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

差別対価 さべつたいか

2件 の用語解説(差別対価の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

差別対価
さべつたいか

地域または相手方により差別的な対価をもって,物資,資金その他の経済上の利益を供給し,または供給を受けること (不公正な取引方法一般指定4) 。本来,事業者は取引に際し価格を自由に決定することができるが,競争者を市場から駆逐したり,競争者の顧客を奪取するために,地域,相手方について対価を差別して取引すると,公正な競争秩序が阻害されるので独占禁止法は不当な差別対価を禁止している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

さべつたいか【差別対価】

不公正な取引方法における差別的取り扱いの一類型。地域または相手方によって同一の商品または役務に不当な価格差をつけること。独占禁止法により禁止される。価格に関する差別的取り扱いは、単に需要の状況に応じてなされる場合には違法とはならず、この行為によって取引相手方の間における競争秩序に悪影響がある場合に規制の対象となる。 → 不公正な取引方法

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の差別対価の言及

【価格差別】より

…【横倉 尚】
[法律による規制]
 独占禁止法の〈不公正な取引方法〉に対する規制の一態様として,価格差別の規制が問題とされる。〈差別対価〉の語が用いられることも多い。同法が〈不公正な取引方法〉とするのは,自由かつ公正な競争秩序維持の見地から判断して,正当な理由のない価格差別であり,コストの差等を反映した価格差別は,正当な理由があるものとして違法とはされない。…

※「差別対価」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

差別対価の関連キーワード義憤公正不公正不公平公正利用不公正取引公正屋公正マーク不公正な競争方法不公平税制

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone