コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

差別対価 さべつたいか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

差別対価
さべつたいか

地域または相手方により差別的な対価をもって,物資,資金その他の経済上の利益を供給し,または供給を受けること (不公正な取引方法一般指定4) 。本来,事業者は取引に際し価格を自由に決定することができるが,競争者を市場から駆逐したり,競争者の顧客を奪取するために,地域,相手方について対価を差別して取引すると,公正な競争秩序が阻害されるので独占禁止法は不当な差別対価を禁止している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

さべつたいか【差別対価】

不公正な取引方法における差別的取り扱いの一類型。地域または相手方によって同一の商品または役務に不当な価格差をつけること。独占禁止法により禁止される。価格に関する差別的取り扱いは、単に需要の状況に応じてなされる場合には違法とはならず、この行為によって取引相手方の間における競争秩序に悪影響がある場合に規制の対象となる。 → 不公正な取引方法

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の差別対価の言及

【価格差別】より

…【横倉 尚】
[法律による規制]
 独占禁止法の〈不公正な取引方法〉に対する規制の一態様として,価格差別の規制が問題とされる。〈差別対価〉の語が用いられることも多い。同法が〈不公正な取引方法〉とするのは,自由かつ公正な競争秩序維持の見地から判断して,正当な理由のない価格差別であり,コストの差等を反映した価格差別は,正当な理由があるものとして違法とはされない。…

※「差別対価」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

差別対価の関連キーワード差別的取扱い

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android