コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巴の字 ハノジ

デジタル大辞泉の解説

は‐の‐じ【×巴の字】

《「巴」の篆書(てんしょ)体の形から》巴(ともえ)模様。また、そのように渦巻き状にまわること。
「十文字に懸け破り、―に追ひ廻らす」〈太平記・四〉
《水が巴の字の形にめぐり流れるところから》曲水。また、曲水の宴のこと。はのじのみず。
「年月次(なみ)を重ねても、―を書いたる流れの末」〈宴曲集・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はのじ【巴の字】

〔「巴」の篆書てんしよ体の字形から〕
ともえ形。また、その形のようにめぐり回ること。 「大勢の中へ懸け入り、十文字に懸け破り、-に追ひ廻らす/太平記 4
〔杯を流すと巴の字形に回ることから〕 曲水きよくすい。また、曲水の宴。 「行く水に書きし-の春の夜の夢/夫木 5

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

巴の字の関連キーワード夫木

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android