(読み)トモエ

  • ×巴/×鞆絵
  • ともえ〔ヱ〕
  • 漢字項目
  • 謡曲

デジタル大辞泉の解説

(とも)に形が似ているところからという》
湧き出した水がうずを巻いて外へめぐるような形・模様。
物が円形を描くように回るようす。「三者が―となって戦う」
紋所の名。1図案化したもの。巻く方向によって左巴右巴があり、その数によって一つ巴・二つ巴三つ巴などという。
謡曲。二番目物平家物語などに取材。武者姿で現れた木曽義仲の愛妾巴御前が、義仲とともに討ち死にできなかった無念を語る。
人名用漢字] [音]ハ(呉)(漢) [訓]ともえ
〈ハ〉中国四川省東部の異称。「巴蜀(はしょく)
〈ともえ(どもえ)〉水が渦巻いた模様。「卍巴(まんじともえ)葵巴(あおいどもえ)
[名のり]とも
[難読]巴布(パップ)巴奈馬(パナマ)巴比倫(バビロン)巴里(パリ)巴爾幹(バルカン)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

紋章の一種。水の渦巻とも,雲文,雷文の変化したものともいう。ふくれた部分を首,細い部分を尾と呼び,二つ巴,三つ巴,組巴,対巴など各種ある。家紋としては,公家では西園寺家武家では宇都宮・小山・結城氏に始まると伝え,鎌倉以降武家で盛行

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

能の曲名二番目物修羅物。作者不明。シテは巴の霊。木曾の国の(ワキ)が近江の粟津(あわづ)に着くと,社の前で涙を流している若い女(前ジテ)がいる。言葉をかけると,これは木曾義仲を祭った社だから,あなたも同国の人なら経を手向けなさいといって消え去る。僧が弔っていると女武者(後ジテ)が現れ,義仲に仕えた巴御前の霊であることを明かし,義仲の戦いぶりや死の前後のようすを物語る(〈クセ〉)。義仲が敗戦の混乱で乗馬を深田に踏み込み,動けなくなっていたのを,自分がここの松原に伴ってきて自害を勧め,寄せ手を追い散らして時をかせいだ(〈中ノリ地等〉)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

鞆絵ともえ、すなわち弓を射る時に使う鞆の形に描いた模様の意
水の渦巻くような形・模様。
ものが円状にめぐり巻くさま。 まんじ-に入り乱れて戦う
家紋の一。を図案化したもの。その数によって、一つ巴・二つ巴・三つ巴などという。巻き方の方向によって右巴・左巴がある。
○巴御前ともえごぜんのこと。
能の一。二番目物。木曽の僧が近江おうみ国粟津の原に着くと木曽義仲の側室巴御前の霊が現れ、義仲の戦功と自害して果てた悲運を語る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【髪洗い】より

…ために毛が地についたままゆれて,髪を洗っているようにみえるところからこの名がついた。毛をぐるぐるとまわす型は〈巴(ともえ)〉と呼ばれる。なお,獅子の髪洗いは,たとえば長野県更埴市雨宮(あめのみや)の神事に,獅子が橋から水面すれすれに宙吊りになって獅子頭を振りまわす儀式(橋がかり)があることから,神事の獅子をめぐる民俗の反映が考えられている。…

【巴蜀】より

…中国,四川省をさしていう語。巴とは現在の重慶を中心として,嘉陵江流域を含む四川省東部をさし,蜀とは成都盆地を主地域とし,岷(みん)江流域に広がる西部をさす。元来はいわゆる西南夷系統に属する異民族の住地であったが,その中で巴と蜀はさらに民族・文化系統を異にした。…

※「巴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

巴の関連情報