コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曲水 キョクスイ

デジタル大辞泉の解説

きょく‐すい【曲水】

曲がりくねって流れる小川。
曲水の宴」の略。 春》「―の詩や盃に遅れたる/子規
[補説]書名別項。→曲水

きょくすい【曲水】[書名]

日本の俳句雑誌。大正5年(1916)、渡辺水巴主宰により創刊。水巴没後は妻桂子、次女恭子が主宰を引き継ぎ、平成24年(2012)に終刊

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きょくすい【曲水】

庭園または林、山麓さんろくをまがりくねって流れる水。ごくすい。
「曲水の宴」の略。 [季] 春。 《 -の草に置きたる小盃 /虚子 》

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

曲水の関連キーワード曲水宴(きょくすいのえん)曲水宴(ごくすいのえん)曲り水の豊の明かり杯流し・盃流し大谷 碧雲居曲り水の豊明長谷川 春草佐野 青陽人大谷碧雲居渡辺 水巴渡辺 桂子清岡治之助萩原 麦草松下大三郎南 拾参生入り込み浅見喜舟小野好古樽本樹邨古市金峨

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

曲水の関連情報