曲水(読み)キョクスイ

デジタル大辞泉の解説

きょく‐すい【曲水】

曲がりくねって流れる小川。
曲水の宴」の略。 春》「―の詩や盃に遅れたる/子規
[補説]書名別項。→曲水

きょくすい【曲水】[書名]

日本の俳句雑誌。大正5年(1916)、渡辺水巴主宰により創刊。水巴没後は妻桂子、次女恭子が主宰を引き継ぎ、平成24年(2012)に終刊

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きょくすい【曲水】

庭園または林、山麓さんろくをまがりくねって流れる水。ごくすい。
「曲水の宴」の略。 [季] 春。 《 -の草に置きたる小盃 /虚子 》

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きょく‐すい【曲水】

〘名〙
① 庭園や山野をうねり曲がって流れる川。
※海道記(1223頃)鎌倉遊覧「山に曲水あり庭に怪石あり」
② 「きょくすい(曲水)の宴」の略。《季・春》
※続日本紀‐天平二年(730)三月丁亥「天皇御松林宮。宴五位以上、引文章生等曲水

ごく‐すい【曲水】

〘名〙 (「こくすい」とも。「こく」は「曲」の呉音) 「ごくすい(曲水)の宴」の略。《季・春》
※和漢朗詠(1018頃)上「曲水(こくすい)遙かなりといへども、遺塵絶えんたりといへども〈菅原道真〉」

めぐり‐みず ‥みづ【曲水】

〘名〙
① 庭園や山野をうねり曲がって流れる川。きょくすい。
※俳諧・俳諧四季部類(1780)三月「曲水 めぐり水 杯を流す」

わた‐み【曲水】

〘名〙 (「わだみ」とも) 川岸から入り込んで流れないでいる川水。また、川の入り曲がって渦を巻いている所。
※頼政集(1178‐80頃)上「ゆふは川わたみによどむ水の淡のめぐるもみゆる秋のよの月」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

曲水の関連情報