コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巻掛伝動装置(読み)まきかけでんどうそうち

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

巻掛伝動装置
まきかけでんどうそうち

ベルト、ロープ、などのように引張り力のみに抵抗する可撓(かとう)性のものを用いて回転を伝える装置。ベルトなどを巻き掛ける車のことをプーリーpulley、あるいは調車(しらべぐるま)という。ベルトやロープの場合には、プーリーとの間の接触面での摩擦力によって回転の伝動が行われるので、多少の滑りを避けることはできない。二軸にプーリーを固定し、これにベルトを掛け、接触面間の摩擦を利用して伝動するものをベルト伝動装置という。ベルトの掛け方は、プーリー間で平行になっているオープンベルトと、たすき掛けとなっているクロスベルトとがある。断面がV形のベルトをV形の溝をもったベルト車に掛けるVベルト伝動というものもある。綿ロープ、麻ロープあるいはワイヤーロープを溝車に掛けて伝動するロープ伝動は、軸間距離が長い場合に用いられる。自転車などに使用されている鎖を鎖歯車に掛けて伝動する鎖伝動は、滑りがないので回転を確実に伝える長所がある。しかし、振動や騒音を発するので高速度回転の場合には適さず、一般に低速回転、大馬力の伝動用として使用されている。[中山秀太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android