コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巻縮スフ けんしゅくスフ crimped staple fibre

1件 の用語解説(巻縮スフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

巻縮スフ
けんしゅくスフ
crimped staple fibre

短繊維 (クリンプ) に品質向上のための化学処理を施したもの。たとえば,ビスコースレーヨンステープルをつくる場合,紡糸の際に紡糸浴の液の硫酸濃度を低く,硫酸ナトリウムの多いものを用い,また緊張紡糸した糸を切ってこれを巻縮浴 (熱湯) に入れると切断面の皮部の厚さが不均整になるため,巻縮を生じる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

巻縮スフの関連キーワードQC活動クリンプ短繊維人生のための芸術ファズコミュニケーションプリンターサイクリングターミナル単収増加・品質向上効果学校教育の水準の維持向上のための義務教育諸学校の教育職員の人材確保に関する特別措置法短繊維織物

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone