コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巻縮スフ(読み)けんしゅくスフ(英語表記)crimped staple fibre

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

巻縮スフ
けんしゅくスフ
crimped staple fibre

短繊維 (クリンプ) に品質向上のための化学処理を施したもの。たとえば,ビスコースレーヨンステープルをつくる場合,紡糸の際に紡糸浴の液の硫酸濃度を低く,硫酸ナトリウムの多いものを用い,また緊張紡糸した糸を切ってこれを巻縮浴 (熱湯) に入れると切断面の皮部の厚さが不均整になるため,巻縮を生じる。繊維が巻縮していると,糸や織物にした場合に伸縮性がよく,加工時に可紡効果なども高い。従来はビスコースレーヨンが中心であったが,現在は種々の化学繊維,合成繊維についても巻縮をつける加工が行われており,いずれも巻縮スフまたは巻縮ステープルファイバーと呼ばれている。 (→ビスコース繊維 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android