コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市場アクセス しじょうアクセスmarket access

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

市場アクセス
しじょうアクセス
market access

輸出国がある国の市場に参入することの容易さ,あるいは市場に参入するために越えなければならない障壁のこと。関税や非関税障壁をさす。日本では 1970年代末以降,貿易黒字の拡大に伴い,輸入が少いことや市場開放の遅れが国際的な問題とされ,市場アクセスの改善が政策上の急務となった。このため 80年代に入ると対外経済対策の一環として改善策が次々に実施され,85年には市場アクセス改善のための「アクション・プログラム」が策定された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しじょう‐アクセス〔シヂヤウ‐〕【市場アクセス】

輸出相手国の市場への参入のしやすさ、あるいは、輸入国が課す関税非関税障壁規制をいう。また、そうした障壁を排除して市場参入を促進することをいう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

市場アクセスの関連キーワードウルグアイ・ラウンド(UR)農業交渉(合意)モダリティ(交渉の大枠)ウルグアイ・ラウンドWTO農業交渉世界貿易機関前川レポートWTO

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

市場アクセスの関連情報