コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市場資本化率 しじょうしほんかりつmarket capitalization rate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

市場資本化率
しじょうしほんかりつ
market capitalization rate

ある資産に投資することによって得られる将来の一連の所得フローを,現時点におけるストックとしての価値 (資本還元価値または資本価値) に置き換えるために用いられる割引率をいう。将来の所得が確実に予測できる場合,市場資本化率は利子率に等しい。他方,確実に予測できない場合は,利子率に,この所得に付随するリスクの大きさを勘案したリスク・プレミアムを加えたものに等しい。この場合の市場資本化率は,リスク調整後資本化率ないしリスク調整後割引率といわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android