コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市川保定 いちかわ やすさだ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

市川保定 いちかわ-やすさだ

1813-1883 江戸後期-明治時代の蘭方医。
文化10年生まれ。肥前島原藩(長崎県)藩医。戸塚静海らにまなぶ。天保(てんぽう)14年賀来毅篤(かく-きとく)らの協力を得,刑死者を解剖。弘化(こうか)3年藩医学校済衆館の訓導役となる。嘉永(かえい)2年モーニッケに種痘法をならい,済衆館で種痘をおこなった。明治16年4月7日死去。71歳。名ははじめ泰朴,見朴。字(あざな)は子堅。号は杏塢。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

市川保定の関連キーワード市川泰朴

今日のキーワード

118番の日

1月18日。海上保安庁への緊急通報用電話番号である「118」の啓発活動を行い、海の安全確保に努める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android