コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市民文学 しみんぶんがく

1件 の用語解説(市民文学の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

市民文学【しみんぶんがく】

ブルジョア文学。近代市民意識を反映した個人主義的な文学で,中世の貴族・僧侶(そうりょ)文学や現代のプロレタリア文学と区別される。18世紀啓蒙思想の時代に始まり,市民社会成立とともに19世紀文学の主流となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

市民文学の関連キーワード市民市民革命プチブルジョアブルブルジョア革命ブルジョアジーブルジョアブルジョア社会民意小ブルジョア

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

市民文学の関連情報