コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市民文学 しみんぶんがく

百科事典マイペディアの解説

市民文学【しみんぶんがく】

ブルジョア文学。近代市民意識を反映した個人主義的な文学で,中世貴族僧侶(そうりょ)文学や現代のプロレタリア文学と区別される。18世紀啓蒙思想の時代に始まり,市民社会成立とともに19世紀文学の主流となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

市民文学の関連キーワードブレーズ サンドーラルスペクテーターオランダ文学芥川龍之介第二芸術論アディソン新現実主義和沢 昌治水芦 光子井上 雪山本有三荒 正人夏目漱石井原西鶴中間小説荒正人市民劇プルチ工匠歌滑稽本

市民文学の関連情報