コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

啓蒙思想 けいもうしそう Enlightenment; Aufklärung; lumiéres

6件 の用語解説(啓蒙思想の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

啓蒙思想
けいもうしそう
Enlightenment; Aufklärung; lumiéres

神,理性,自然,人間に関する観念が一つの世界観に統合され,多くの賛同者を得て,芸術,哲学,政治に革命的な発展をもたらした 17~18世紀のヨーロッパの思想運動。人間の可能性は,正しい「理性」によって切り開かれるもので,そこにこそ真実の認識と人類の幸福とを得ることができるという確信に貫かれていた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

けいもう‐しそう〔‐シサウ〕【啓×蒙思想】

ヨーロッパで17世紀末に起こり、18世紀に全盛になった革新的思想。合理的・批判的精神に基づき、中世以来のキリスト教会によって代表される伝統的権威や旧来の思想を徹底的に批判し、理性の啓発によって人間生活の進歩・改善を図ろうとした。イギリスではロックヒュームフランスではモンテスキューボルテールディドロドイツではレッシングなどに代表され、フランス革命原動力の一つになった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

啓蒙思想【けいもうしそう】

17―18世紀の西欧において,近代市民社会の形成を推進した思想運動の総称。英語,ドイツ語フランス語などの原語は理性の光,あるいはその光による闇の追放を含意する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

けいもうしそう【啓蒙思想 Enlightenment】

17世紀,18世紀の西欧で近代市民階層の台頭にともなって広くおこなわれ,市民社会形成の推進力となった思想運動の総称。上記の英語名も,ドイツ語のAufklärung,フランス語のlumièresも,いずれも光ないし光によって明るくすることを意味する。〈自然の光〉としての人間生得の〈理性〉に全面的に信頼し訴え,各人があえてみずから理性の力を行使することによって,カントの言い方によれば,〈人間がみずからに負い目ある未成熟状態から脱すること〉へと働きかけ,こうして,理性的自立的な人格の共同体の実現を目指すことにその目標はあったと考えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

けいもうしそう【啓蒙思想】

一八世紀フランスを中心としてヨーロッパ全域に広がった革新的思想。キリスト教会などの伝統的権威から解放された理性の使用を公衆に促し,人類の普遍的進歩を図った。フランスではデカルト的体系への批判を伴った。フランスのボルテール・百科全書派,イギリスのロック・ヒュームが代表。啓蒙主義。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

啓蒙思想
けいもうしそう
philosophy of the enlightenment英語
philosophie de la lumireフランス語
Philosophie der Aufklrungドイツ語

啓蒙思想とは、狭義には、主として18世紀にフランス、イギリス、ドイツなどで行われた思想文化運動をさしていう。広義には、そこに現れた特徴がみいだされる運動一般に対しても使われる。「啓蒙」とは民衆の蒙昧(もうまい)さを理性によって啓(ひら)くという意味であり、ヨーロッパにおいても同様な意味内容がないわけではないが、その本質的な性格は批判的精神、懐疑と否定の精神に求められる。したがって蒙昧を啓く、いいかえれば教え導くというよりは、その原因となるものを徹底的に批判し破壊することがそのまま真理の道へ通じるといった考えが、とりわけフランスの思想家に強い。ドルバックに代表される宗教批判、コンディヤックらの形而上(けいじじょう)学批判、ディドロやルソーにみられる強烈な社会批判など、現存する既成の体制、固定的なものを容赦なく批判し、流動化し、相対化したことが、彼ら自身の唯物論、感覚論などの積極的な主張に劣らず重要である。
 とはいっても、ボルテールやディドロなどの思想家が、プロイセンのフリードリヒ2世(在位1740~86)やロシアのエカチェリーナ2世(在位1762~96)らの啓蒙君主と深い関係にあったことも、重要な事実として見逃すことはできない。[佐藤和夫]

否定の精神

「太陽王」ルイ14世(在位1643~1715)治世の末期から、戦争と宮廷の乱費による財政破綻(はたん)、ナントの王令廃止による宗教的不寛容が引き起こした社会的混乱などにより、フランス古典主義時代の栄華は崩壊し、従来のあらゆる文化・政治支配が相対化され始めた。すでに、ベールとフォントネルというデカルトの合理主義精神を受け継いだ思想家が、彗星(すいせい)をめぐる迷信や神託占いといった宗教的虚構に対して鋭い批判を投げかけ、近代的な科学的精神を主張していた。なかでもベールは『歴史批判辞典』の完成によって、従来の知識の誤謬(ごびゅう)を容赦なく指摘して既存のイデオロギーの土台を揺さぶった。無神論者をも許容する宗教的寛容、その背景をなす懐疑の精神など、ベールはフランス啓蒙思想の実質的な出発点をなす思想家であった。
 ルイ14世の死後、フランス社会は流動化に向かう。たとえばモンテスキューは、それまでの統一志向に対して、時代と場所によって異なった価値が存在することを主張した。『ペルシア人の手紙』ではフランス文化や社会が相対化され、『法の精神』では法のあり方が風土によって異なりうることが示された。しかし、この時代にもっとも重要な批判は宗教批判であり、その代表者はドルバック、ラ・メトリらの唯物論者たちであった。宗教が無知と欺瞞(ぎまん)の産物であり、キリスト教は有害な道徳を教えるものだとする彼らの批判は、啓蒙思想を代表するものであった。[佐藤和夫]

唯物論

彼らの仮借ない現実批判は、かえって現実生活の積極的肯定を前提としていた。現世の生活を消極的にとらえ、禁欲的な宗教的生活を善とする考え方に対して、人間生活のあるがままを大胆に肯定しようとする思想が生まれた。飲食や恋愛の世俗生活が積極的な価値として主張され、現世における人間の幸福がいっさいを判断する基準となった。その結果、認識論的には感覚的経験が重視され、倫理的には功利主義的な快楽主義がたてられ、これまでの神の位置にかわって自然を存在論的原理とする唯物論が前面に登場する。ドルバック、ラ・メトリらの唯物論者たちは、人間的なものが宗教的彼岸のうちに組み入れられるのを拒否するために、精神を含めたいっさいをいったん自然=肉体に還元し、一元論的な世界観を展開しようとした。もちろん、啓蒙思想全体にはさまざまな潮流が存在したし、宗教的にはむしろ理神論的な把握のほうが多かったといってもよいが、彼らが人間理性と自然を基礎にした点では変わらない。
 このような自然の大胆な肯定は、当時、急速な発展を遂げた近代科学技術によって、ベーコンが提唱したような自然支配による人間の幸福の可能性がみえたからにほかならない。ディドロ、ダランベールらによるこの時代の輝かしい成果である『百科全書』が、「科学、技術、工芸の合理的辞典」と名づけられているのはその象徴である。[佐藤和夫]

進歩の観念

科学技術の発展による自然支配の拡大は、人間の歴史が時代を経れば経るほど進歩していくという考えを生み出していった。17世紀末、ペローとボアローに端を発した「古代近代論争」、コンディヤック、ルソーらにおける「言語起源論」などの一連の議論は、人々に歴史の意識を植え付けるとともに、進歩の観念を形成していった。
 とりわけて重要なのは、人間の発展の可能性に対する確信である。人間は教育によって条件を与えられるならば無限に完成への道程を歩み、進歩していくものだと考えられるようになってきた。実際、近代的な教育観は、コンドルセ、ルソーらを始めとするこの期の思想家たちによって確立されたといってもよい。その思想において重要なのは、人間理性が17世紀的な静止した固定的理性ではなくて、自らを形成しつつ、発展する運動的理性としてとらえられていることである。理性は生活と結び付き、もはや環境と歴史を離れて存在するものではなくなったのである。[佐藤和夫]

言語

この時代を特色づけるものとして、言語への注目があげられる。イギリスのロック著『人間悟性論』における言語論の影響を無視することはできないが、コンディヤック、ディドロ、ルソー、さらにはドイツのヘルダーに至るまでの言語への強い関心は、なによりもまず前述のような理性観の形成と結び付いている。言語として現れる理性は、もはや感覚経験から断絶したものではありえず、個々人の生活の具体的な次元と結び付くものとなる。それに対応して啓蒙思想家たちは感情および芸術の問題に関心を集中した。シャフツベリ、ハチソン、デュ・ボス、レッシング、バウムガルテンなど各国の思想家たちが、美的なものや感情の独自の役割に注目した。と同時に彼らは、認識の形成にあたっても欲求や情念が不可欠な役割を果たしているという観点から、言語の発生の問題を提起していった。[佐藤和夫]

寛容

啓蒙思想は、これまでの単一的価値観や世界像を破壊して相対化し、従来理性的と考えられていたものも別の面からみれば反理性であり、一方で善であるものも他方からみれば悪であることを指摘した。ルソーやディドロらは、近代社会がそれ自体にこのような矛盾をはらんでいることを指摘し、カント、ヘーゲルらのドイツ思想の先駆者となった。
 また、このような相対化は、ヨーロッパにおける寛容思想の成立と相応するものであった。プロテスタントとカトリックの激しい争いを中心とする絶えざる宗教的対立の過程を背景にして、思想の寛容をめぐるさまざまな見解が出された。ベール、ロック、ボルテールらの寛容論は、近代民主主義のヨーロッパ的性格を示すものとして興味深い。[佐藤和夫]
『カント著、篠田英雄訳『啓蒙とは何か』(岩波文庫) ▽シャトレ著、野沢協監訳『啓蒙時代の哲学』(『シャトレ哲学史』所収・1976・白水社) ▽F・ヴェントゥーリ著、加藤喜代志・水田洋訳『啓蒙のユートピアと改革』(1981・みすず書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

啓蒙思想の関連キーワード市民階級風景式庭園ガレオン市民戦争前世紀半世紀アフラット始原岩層選挙法改正身分制社会

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone

啓蒙思想の関連情報