市浦 健(読み)イチウラ ケン

20世紀日本人名事典の解説

市浦 健
イチウラ ケン

昭和期の建築家



生年
明治37(1904)年1月24日

没年
昭和56(1981)年11月3日

出生地
東京

学歴〔年〕
東京帝国大学工学部建築学科〔昭和3年〕卒

経歴
住宅営団に入り、昭和初期、W・グロピウスが提案したトロッケン・モンタージュ・バウ(乾式構造)の組立住宅を設計、住宅生産の工業化、プレハブ住宅先駆者として活躍。戦後も日本住宅公団にあって合理主義建築主唱、初期の公団のY字形の平面をしたスターハウス代表作の一つ。団地、ニュータウンの計画、集合住宅の作品が多い。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android