市警(読み)シケイ

精選版 日本国語大辞典の解説

し‐けい【市警】

〘名〙 昭和二三年(一九四八)の旧警察法により全国二一九市に置かれた自治体警察。同二九年に五大市を残して都道府県警察に統合され、同三〇年以降はすべて都道府県警察に吸収された。
※砂の城(1963)〈鮎川哲也〉一「すぐに県警と市警の四人の刑事をよんで、耳うちをした」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

市警の関連情報