コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

警察法 けいさつほう

6件 の用語解説(警察法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

警察法
けいさつほう

(1) 実質的意義においては,公共の安全秩序の維持のために一般統治権に基づき国民に命令ないしは強制するすべての作用を規律する法のこと。この意味においては,公共の安全秩序の維持のために他の行政と関連なく行われる警察 (→保安警察 ) のみならず,交通,衛生,産業などの領域において,一般統治権に基づき発動される命令や強制作用 (狭義の行政警察 ) を規律する法も警察法に属する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

けいさつ‐ほう〔‐ハフ〕【警察法】

警察行政の運営のために制定されている法規の総称。
警察組織および警察作用について定めている基本法。昭和22年(1947)制定、同29年全面改正。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

警察法【けいさつほう】

警察の組織運用に関する根本を定めた法律(1954年公布・施行)。警察の責務を国民の生命・身体・財産の保護,犯罪の予防・鎮圧・捜査,公共の安全と秩序維持などに限定し,都道府県警察を中心とする地方分権組織をとり,警察の運営管理機関として公安委員会の設置などを定める。
→関連項目戒厳令警察官警察権警察庁

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

けいさつほう【警察法】

警察法とは,講学上の概念としては警察に関する独自の法体系の総称であるが,実定法としての警察法とは,1954年に制定・公布されその後十数回にわたって改正された警察法のことをいう。同法は,日本の実定警察制度でいう警察の責務として,〈個人の生命,身体及び財産の保護に任じ,犯罪の予防,鎮圧及び捜査,被疑者の逮補,交通の取締その他公共の安全と秩序の維持に当ること〉を定めている。さらに同法は,警察の組織として,国家公安委員会警察庁などの中央警察機関のほか,都道府県警察などの地方警察機関についても規定している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

けいさつほう【警察法】

民主的で能率的な警察組織を定めることを目的として、国家公安委員会・警察庁・都道府県警察等について定める法律。1954年(昭和29)制定。
警察に関する法律の総称。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

警察法
けいさつほう

警察の組織について定めた法律。昭和29年法律第162号。警察事務の地方分権と政治的中立の確保を図る見地から、国および都道府県の警察組織の基本的内容を規定している。
 警察の責務について、個人の生命・身体・財産を保護し、犯罪の予防および捜査など公共の安全と秩序の維持にあたることと定めている。都道府県警察がこの責務に任ずるが、不偏不党かつ公正中立を旨とし、権限を乱用してはならない。
 国の警察組織を以下のように規定している。国家公安委員会および警察庁が置かれる。国家公安委員会は、警察行政を民主的に管理して、その官僚化・独善化を防止するとともに、政治的中立性を確保するために設けられたもので、内閣総理大臣の所轄の下に置かれ、国務大臣たる委員長および5人の委員により構成される。国の公安に係る警察運営(警察の制度に関すること、大規模災害や国際テロ事件への対処など)をつかさどり、全国的見地から斉一を期する必要のある事務(警察装備、犯罪鑑識等)を統括し、および警察行政に関する調整を行うことを任務としている。国家公安委員会は警察庁を管理(大綱方針を定めて監督すること)し、警察庁は都道府県警察の指揮監督等を行う。また、国家公安委員会は、法律によりその権限とされた事務(国家公安委員会規則の制定等)を自ら行い、警察庁が補佐する。
 同様に、都道府県の警察組織として、都道府県公安委員会と都道府県警察(警視庁と道府県警察本部)が置かれる。都道府県公安委員会は知事の所轄の下に置かれ、都道府県警察を管理する。実働組織である都道府県警察の長(警視総監または道府県警察本部長)は、国家公安委員会が都道府県公安委員会の同意を得て任命する。都道府県の区域を分けて、各地域を管轄する警察署が置かれる。警視庁および道府県警察本部の内部組織や警察署の設置については、条例で定められる。都道府県警察の警察官は、都道府県における責務達成に必要がある場合には、その区域外でも権限行使をすることが認められる。[田村正博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

警察法の関連キーワード警察警察署警察大学校警察庁営業警察警察医警保局国家地方警察市警交番と駐在所

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

警察法の関連情報