コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鮎川哲也 あゆかわてつや

4件 の用語解説(鮎川哲也の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鮎川哲也
あゆかわてつや

[生]1919.2.14. 東京
[没]2002.9.24. 神奈川
小説家。本名,中川透。 F.W.クロフツを彷彿させるアリバイくずしの推理小説黒いトランク』 (1956) で認められた。過去に追われる女の殺人を主題とする『黒い白鳥』 (1959) ,第 13回日本探偵作家クラブ賞を受けた『憎悪の化石』 (1962) などが代表作と目される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あゆかわ‐てつや〔あゆかは‐〕【鮎川哲也】

[1919~2002]推理作家。東京の生まれ。本名、中川透。本名のほか那珂川(なかがわ)透などの名義で作品を発表。昭和31年(1956)「黒いトランク」から現筆名を使用する。他に「黒い白鳥」「憎悪の化石」など。平成2年(1990)長編推理小説の新人賞、鮎川哲也賞が創設。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鮎川哲也 あゆかわ-てつや

1919-2002 昭和後期-平成時代の推理作家。
大正8年2月14日生まれ。中川透の本名や那珂川透などの別名で短編を発表し,昭和31年長編「黒いトランク」から現筆名を使用する。35年「黒い白鳥」「憎悪の化石」で日本探偵作家クラブ賞。鉄道時刻表をつかったアリバイ崩しなど多彩なトリックを駆使。評論やエッセイにも定評がああった。平成2年新人推理作家の登竜門となる鮎川哲也賞が創設された。13年第1回本格ミステリ大賞特別賞。平成14年9月14日死去。83歳。東京出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鮎川哲也
あゆかわてつや
(1914―2002)

推理作家。本名中川透。東京生まれ。満州(中国東北)の札蘭屯(ジャラントン)中学校卒業。1950年(昭和25)本名で『ペトロフ事件』を『別冊宝石』に発表して推理文壇に登場し、1956年、書き下し長編『黒いトランク』から鮎川哲也をペンネームとした。『黒い白鳥』『憎悪の化石』の2長編で1959年度の日本探偵作家クラブ賞(現、日本推理作家協会賞)を受賞。上記4作を含め、『人それを情死と呼ぶ』(1961)、『死のある風景』(1965)、『戌神(いぬがみ)はなにを見たか』(1976)、『死びとの座』(1982)などは、探偵の鬼貫(おにつら)警部が登場する「鬼貫物」である。探偵「星影龍三」が登場するのが『リラ荘事件』(1956)、『白の恐怖』(1959)、『朱の絶筆』(1976)などで、クロフツ流のアリバイ・トリックを探求する本格派の推理作家として知られた。ミステリー以外に、エッセイ集なども著している。当時の推理文壇の裏面を知ることのできるインタビューなどで構成された『幻の探偵作家を求めて』(1985)、推理小説に関するエッセイ集『本格ミステリーを楽しむ法』(1986)、唱歌の作詞・作曲家を訪ね歩く『唱歌のふるさと 花』(1992)、『同 旅愁』(1993)、『同 うみ』(1995)などがある。1990年(平成2)には、自身の名前を冠した本格ミステリーの新人登竜門「鮎川哲也賞」が創設され、自らも選考委員を務めた。2001年、本格ミステリー大賞・特別賞を、2002年には日本ミステリー文学大賞・特別賞を受賞した。[厚木 淳]
『『鮎川哲也長編推理小説全集』全6巻(1975~1976・立風書房) ▽『鮎川哲也短編推理小説全集』全6巻(1978~1979・立風書房) ▽『幻の探偵作家を求めて』(1985・晶文社) ▽『本格ミステリーを楽しむ法』(1986・晶文社) ▽『こんな探偵小説が読みたい』(1992・晶文社) ▽『唱歌のふるさと 花』『唱歌のふるさと 旅愁』『唱歌のふるさと うみ』(1992、1993、1995・音楽之友社) ▽『黒いトランク』『黒い白鳥』『憎悪の化石』『ペトロフ事件』『人それを情死と呼ぶ』『死のある風景』『リラ荘事件』(角川文庫) ▽『戌神はなにを見たか』『朱の絶筆』(講談社文庫) ▽山村正夫著『わが懐旧的探偵作家論』(1996・双葉社) ▽笠井潔著『探偵小説論1 氾濫の形式』(1998・東京創元社) ▽芦辺拓・有栖川有栖・二階堂黎人編『鮎川哲也読本』(1998・原書房) ▽三國隆三著『鮎川哲也の論理――本格推理ひとすじの鬼』(1999・展望社) ▽相川司・青山栄編『J'sミステリーズ KING & QUEEN』(2002・荒地出版社) ▽山前譲編『本格一筋六十年 想い出の鮎川哲也』(2002・東京創元社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鮎川哲也の関連キーワード大庭脩小野木朝子小林英司関晃辻隆中西珠子名東孝二新見嘉兵衛原田憲春名和雄

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鮎川哲也の関連情報