布刀玉命・太玉命(読み)ふとだまのみこと

精選版 日本国語大辞典「布刀玉命・太玉命」の解説

ふとだま‐の‐みこと【布刀玉命・太玉命】

(「ふと」は美称。「たま」は曲玉管玉などの祭祀用の) 天照大神天岩戸に隠れたとき、・玉などを作り奉った天孫降臨のときの五伴緒(いつとものお)の一つで、忌部氏祖先神とされる。あまのふとだまのみこと。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android