コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

管玉 くだだま

7件 の用語解説(管玉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

管玉
くだだま

装身具の一種。細い竹を輪切りにしたような筒形をした玉類。大小あるが,3~5cmぐらいのものが多い。縦に孔をあけ,糸を通してつなぎ首飾りや腕飾りにしたと思われる。碧玉製が多いが,ガラス,水晶,瑪瑙などもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

くだ‐たま【管玉】

弥生時代から古墳時代にかけて用いられた装飾用の玉の一種。碧玉(へきぎょく)製で円筒の細長い玉。長さ1~5センチ。穴に糸を通して多数つなぎ、主に首飾りにする。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

管玉【くだたま】

おもに腕輪,首飾などの装身具に使われた円柱状の玉で,長軸にそって細い穴がある。縄文(じょうもん)時代から現れ,弥生(やよい)時代には碧玉(へきぎょく)製,古墳時代は碧玉のほかコハク,ガラスのものもみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

防府市歴史用語集の解説

管玉

 円筒形の玉です。緑色の碧玉[へきぎょく]が多く見られます。アクセサリーとして使われました。

出典|ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

くだたま【管玉】

円筒形の玉。縄文時代にも石または鳥骨で作った管状の玉が少量あるが,同形同大の管玉を多数つらねて使用するのは弥生時代からである。弥生時代の管玉は碧玉(へきぎよく)または鉄石英で作り,長さ1~2cm,径3mm程度の小型のものが多く,ガラス製の管玉もあった。古墳時代になると,碧玉の管玉が盛行し,しだいに大型になって,長さ3cm,径8mmぐらいを普通としたが,長さ・直径ともにその倍以上のものも現れ,水晶,メノウなどの材料も用いる一方,祭祀用には滑石の管玉を作っていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

くだたま【管玉】

古代の装身具の一。竹管状の玉で、普通、直径5ミリメートル、長さ3~5センチメートルほど。多く碧玉へきぎよくなどで作られ、連ねて首飾りなどとした。縄文後期から用いられた。 → 竹玉たかだま

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

管玉
くだたま

円筒形をした竹管状の玉で、主として装身具として使われた。縄文時代に石製、鳥骨製のものがすこしあるが、一般化してくるのは弥生(やよい)時代になってからで、古墳時代に盛行するが、後期には減少し、奈良時代にはほとんどみられなくなる。弥生時代のものは碧玉(へきぎょく)、鉄石英(てつせきえい)製で、長さ1~2センチメートル、径0.3センチメートル程度の小形のものが多い。最近、ガラス製管玉の発見例が増えてきている。古墳時代には全体的に大形化し、長さ3センチメートル、径0.5~1センチメートル程度が普通であるが、なかには長さ10センチメートル近い大形品もある。材料は碧玉が多く、滑石(かっせき)、水晶、ガラス、めのうなども使われた。奈良時代には正倉院宝物のなかに金銅(こんどう)、サンゴ、めのう製のものがすこしある。管玉の製作はすでに弥生時代から、専門の玉作工人によって行われていたことが知られている。[望月幹夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の管玉の言及

【玉】より

…これらの玉には,緒を通してつなぐために,貫通した孔があり,それぞれの形と孔の位置とによって,種々の名称がついている。日本でふつうに用いる玉の名称をあげると,勾玉(まがたま),管玉(くだたま),丸玉,棗玉(なつめだま),平玉(ひらだま),算盤玉(そろばんだま),切子玉(きりこだま)などがおもなものである。勾玉は湾曲した体のふくらんだ一端に偏して孔をあけたもの,管玉は細長い管状のもの,丸玉は球状のもの,棗玉は丸玉をやや長くした形のもの,平玉は扁球形で平らな面に平行に孔をあけたもの,算盤玉は二つの截頭円錐体を底面で接合した形のもの,切子玉は二つの截頭角錐体を底面で接合した形のものである。…

【新穂遺跡】より

…その広がりは約4万m2にもおよぶといわれる。これまでの発掘調査では,玉作りに関した工房などの遺構は不明であるが,特に管玉(くだたま)およびその製作途中の未製品が,工具である砥石,石鋸,石針などを伴って豊富に出土したことから,その製作工程が復元可能となった。管玉の原石には,主として赤い鉄石英や緑の碧玉を用いており,他に角玉も作られている。…

※「管玉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

管玉の関連キーワード円筒研削盤円筒土器縄文時代端度器ドラム缶回転篩牙斧曲玉丸缶コールドロン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

管玉の関連情報