曲玉(読み)マガタマ

デジタル大辞泉「曲玉」の解説

まが‐たま【曲玉/勾玉】

コンマ形に湾した弥生古墳時代の装飾用の玉。丸い部分の貫通孔にひもを通して首飾りとした。瑪瑙めのう翡翠ひすい水晶琥珀こはくガラスなどで作った。獣類の歯牙あなをあけたものに起源をもつといわれ、縄文時代にも不整形のものがある。
[補説]書名別項。→勾玉
[類語]宝石たまぎょく宝玉原石金剛石ダイヤモンド玻璃石英水晶クリスタルクオーツ紫水晶アメシスト瑪瑙猫目石キャッツアイエメラルド翠玉緑玉石トパーズ黄玉オパール蛋白石トルコ石ターコイズガーネット柘榴石瑠璃鋼玉ルビーサファイア翡翠碧玉琥珀真珠パール

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android