コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曲玉/勾玉 マガタマ

デジタル大辞泉の解説

まが‐たま【曲玉/勾玉】

コンマ形に湾した弥生古墳時代の装飾用の玉。丸い部分の貫通孔にひもを通して首飾りとした。瑪瑙(めのう)翡翠(ひすい)水晶琥珀(こはく)ガラスなどで作った。獣類の歯牙に孔(あな)をあけたものに起源をもつといわれ、縄文時代にも不整形のものがある。
[補説]書名別項。→勾玉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

曲玉/勾玉の関連キーワードアサクサノリ(浅草海苔)カシューナッツ日本神話の神々玉造[温泉]八坂瓊曲玉リトープス奈倉 梧月勾玉∥曲玉三種の神器八尺瓊勾玉日本神話文化勲章四つ仮名熱田神宮天明玉命木内石亭剣璽の案奈倉梧月櫛明玉命榛名湖

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android