布袋屋梅之丞(初代)(読み)ほていや うめのじょう

  • 布袋屋梅之丞(初代) ほていや-うめのじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

?-? 江戸時代前期の歌舞伎の名代(なだい)。
元禄(げんろく)7年(1694)京都の早雲長太夫から歌舞伎物真似名代(興行権名義人)をゆずりうける。名義変更がゆるされて布袋屋座の初代となり,京都の四条南側で興行した。都万太夫(みやこ-まんだゆう)らとともに元禄期の代表的名代。京都出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android