布袋屋梅之丞(初代)(読み)ほていや うめのじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「布袋屋梅之丞(初代)」の解説

布袋屋梅之丞(初代) ほていや-うめのじょう

?-? 江戸時代前期の歌舞伎の名代(なだい)。
元禄(げんろく)7年(1694)京都の早雲長太夫から歌舞伎物真似名代(興行権名義人)をゆずりうける。名義変更がゆるされて布袋屋座の初代となり,京都の四条南側で興行した。都万太夫(みやこ-まんだゆう)らとともに元禄期の代表的名代。京都出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android