コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都万太夫 みやこ まんだゆう

1件 の用語解説(都万太夫の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

都万太夫 みやこ-まんだゆう

?-? 江戸時代前期の歌舞伎の名代(なだい)。
前身は浄瑠璃(じょうるり)太夫。寛文9年(1669)芝居の興行権を免許され名代となり,京都四条に都万太夫座を創立。坂田藤十郎,近松門左衛門とくみ,元禄(げんろく)期に全盛をむかえた。名代は明治39年南座と改称されるまでつづいた。前名は都越後目(えちごのさかん),都越後掾(じょう)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の都万太夫の言及

【南座】より

…その後興亡をくりかえしたが,幕末には南北2軒だけとなり,1893年四条通りの拡張工事によって北側芝居(北劇場,北座)は廃止され,南側に残った1軒が現在の南座である。江戸時代を通じて名代,座本は一定しなかったが,おもに都万太夫(みやこまんだゆう)と布袋屋(ほていや)梅之丞であった。古くは名代名を,のちには南の芝居,南側の芝居とよび,劇場名として南座におちついたのは明治中期である。…

※「都万太夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

都万太夫の関連情報