コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都万太夫 みやこ まんだゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

都万太夫 みやこ-まんだゆう

?-? 江戸時代前期の歌舞伎の名代(なだい)。
前身は浄瑠璃(じょうるり)太夫。寛文9年(1669)芝居の興行権を免許され名代となり,京都四条に都万太夫座を創立。坂田藤十郎,近松門左衛門とくみ,元禄(げんろく)期に全盛をむかえた。名代は明治39年南座と改称されるまでつづいた。前名は都越後目(えちごのさかん),都越後掾(じょう)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の都万太夫の言及

【南座】より

…その後興亡をくりかえしたが,幕末には南北2軒だけとなり,1893年四条通りの拡張工事によって北側芝居(北劇場,北座)は廃止され,南側に残った1軒が現在の南座である。江戸時代を通じて名代,座本は一定しなかったが,おもに都万太夫(みやこまんだゆう)と布袋屋(ほていや)梅之丞であった。古くは名代名を,のちには南の芝居,南側の芝居とよび,劇場名として南座におちついたのは明治中期である。…

※「都万太夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

都万太夫の関連キーワード布袋屋梅之丞(初代)中村四郎五郎(初代)中村喜代三郎(初代)桐野谷権十郎(2代)桜山庄左衛門(初代)近松門左衛門(年譜)都太夫一中(初代)都太夫一中(1世)坂田藤十郎(1世)尾上菊五郎(初代)亀屋十次郎(初代)松本友十郎(初代)中村富十郎(初代)佐渡島三郎左衛門霧波千寿(初代)春山源七(2代)都万太夫(初代)南北三ぶ(2代)三条浪江(初代)都一中(初代)

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android