コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

希薄磁性合金 キハクジセイゴウキン

デジタル大辞泉の解説

きはくじせい‐ごうきん〔‐ガフキン〕【希薄磁性合金】

磁性をもたない金属に磁性材料をごく少量添加した合金。希薄合金の一種。温度低下に伴って電気抵抗が異常に増大する近藤効果とよばれる現象が見られる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の希薄磁性合金の言及

【近藤効果】より

…希薄磁性合金が示す電気的・磁気的現象。1964年に日本の近藤淳により理論的に提起されたことからこの名がある。…

※「希薄磁性合金」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

希薄磁性合金の関連キーワード磁性

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android