コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帯状ヘルペス角膜炎 たいじょうへるぺすかくまくえんZoster Herpes Corneae

家庭医学館の解説

たいじょうへるぺすかくまくえん【帯状ヘルペス角膜炎 Zoster Herpes Corneae】

[どんな病気か]
 単純ヘルペスと同様、神経内に潜伏した水痘(すいとう)・帯状ヘルペスウイルスが活性化され、神経を下降して角膜炎を生じます。
[症状]
 どちらかの目の三叉神経(さんさしんけい)の第1枝領域にウイルスが現われると、額(ひたい)からまぶたにかけて水疱(すいほう)や発疹(ほっしん)が生じます。これを眼部帯状(がんぶたいじょう)ヘルペスといいます。その後、約50%の確率で目の症状が現われ、角膜炎、結膜炎(けつまくえん)、虹彩毛様体炎(こうさいもうようたいえん)などを生じます。
 また、点状や線状の混濁(こんだく)が角膜上皮に生じ、異物感がおこります。
[治療]
 抗ヘルペス剤のアシクロビル眼軟膏(がんなんこう)、抗生物質の点眼を行ないます。角膜の混濁にはステロイドの点眼がよく効きます。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

帯状ヘルペス角膜炎の関連キーワード目の主要な症状

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android