帯状ヘルペス角膜炎(読み)たいじょうへるぺすかくまくえん(英語表記)Zoster Herpes Corneae

  • 帯状ヘルペス角膜炎 Zoster Herpes Corneae

家庭医学館の解説

[どんな病気か]
 単純ヘルペスと同様、神経内に潜伏した水痘(すいとう)・帯状ヘルペスウイルスが活性化され、神経を下降して角膜炎を生じます。
[症状]
 どちらかの目の三叉神経(さんさしんけい)の第1枝領域にウイルスが現われると、額(ひたい)からまぶたにかけて水疱(すいほう)や発疹(ほっしん)が生じます。これを眼部帯状(がんぶたいじょう)ヘルペスといいます。その後、約50%の確率で目の症状が現われ、角膜炎、結膜炎(けつまくえん)、虹彩毛様体炎(こうさいもうようたいえん)などを生じます。
 また、点状や線状の混濁(こんだく)が角膜上皮に生じ、異物感がおこります。
[治療]
 抗ヘルペス剤のアシクロビル眼軟膏(がんなんこう)、抗生物質の点眼を行ないます。角膜の混濁にはステロイドの点眼がよく効きます。

出典 小学館家庭医学館について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android