コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帰す/還す カエス

デジタル大辞泉の解説

かえ・す〔かへす〕【帰す/還す】

[動サ五(四)]《「返す」と同語源》
もといた所に行くようにしむける。帰らせる。「生徒を家に―・す」「使いを―・す」
野球で、走者本塁を踏むようにさせる。「スクイズでランナーを―・す」
[可能]かえせる

き・す【帰す】

[動サ五]き(帰)する」(サ変)の五段化。「灰燼(かいじん)に―・す」
[動サ変]き(帰)する」の文語形

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きす【帰す】

( 動五 )
〔サ変動詞「帰する」の五段化〕 「帰する」に同じ。
( 動サ変 )
きする

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

帰す/還すの関連キーワード大草原の小さな天使 ブッシュベイビー解雇予告義務の適用除外ピレモンへの手紙連れ戻す・連戻す霊送り・魂送り灰土に帰す機会原因論債務不履行呑噬・吞噬画餅・画餠濡れ手で泡焦土と化す散らし太鼓六つの道オネシモ予告期間灰身滅智連歌盗人古賀精里玄関払い

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android