本塁(読み)ホンルイ

大辞林 第三版の解説

ほんるい【本塁】

本拠となる城・砦とりで。ねじろ。根拠地。 「敵の-を陥れる」
野球で、投手が投球の目標とする場所。五角形のゴム板で表示される。走者が各塁を回って、ここに達すると得点になる。ホーム-ベース。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ほん‐るい【本塁】

〘名〙
① より所とするとりで。また、場所。
※朝野新聞‐明治一〇年(1877)一〇月一四日「蘭兵敵の本塁に迫りしに」
② 野球で、打者が投手投球を打撃し、また、走者が各塁を一周してここに戻ってくると得点が認められる塁。通常白色の五角形の板を置く。ホームベース
※新式ベースボール術(1898)〈高橋雄次郎〉一「Hと云ふ字の書てある隅を、原語で『ホーム』(Home)と云ひ、本塁(ホンルイ)、牙営、本営、亳下(きか)なんかと、訳します」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

本塁の関連情報