本塁(読み)ほんるい

精選版 日本国語大辞典「本塁」の解説

ほん‐るい【本塁】

〘名〙
① より所とするとりで。また、場所。
朝野新聞‐明治一〇年(1877)一〇月一四日「蘭兵の本に迫りしに」
野球で、打者が投手の投球を打撃し、また、走者が各塁を一周してここに戻ってくると得点が認められる塁。通常白色の五角形の板を置く。ホームベース
※新式ベースボール術(1898)〈高橋雄次郎〉一「Hと云ふ字の書てあるを、原語で『ホーム』(Home)と云ひ、本塁(ホンルイ)牙営本営、亳下(きか)なんかと、訳します」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「本塁」の解説

ほん‐るい【本塁】

本拠となるとりでや場所。「敵の本塁を攻め落とす」
野球で、一塁線三塁線交点内側につくられた五角形の。走者が一・二・三塁を経て最後にここを踏むと1得点となる。ホームプレート。ホームベース。ホーム。
[類語](1要塞防塞堡塁土塁防塁孤塁堅塁城塞バリケード

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android