コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

返す/反す カエス

デジタル大辞泉の解説

かえ・す〔かへす〕【返す/反す】

[動サ五(四)]
表であったものを裏にしたり、上であったものを下にしたりして、ものの向き・位置を反対にする。裏がえす。ひっくりかえす。「せんべいを―・しながら焼く」「手の平を―・す」「差し手を―・す」
たがやす。土などを掘りかえす。「田を―・す」
(返す)物をもとあった所に戻す。「読んだ本を棚に―・す」
(返す)受けたり借りたりしたものを、もとの所有者に戻す。返却する。返済する。また、返上する。「借金を―・す」「官位を―・す」
(返す)変わってしまった物事をもとの状態どおりにする。「話を白紙に―・す」
(返す)相手から受けた行為に対して、それと同じことをこちらからする。相手の働きかけに、同等の働きかけでこちらが応える。
㋐返報や返礼をする。「恩を仇(あだ)で―・す」「お金で―・す」
㋑返答や返歌をする。「言葉を―・す」「視線を―・す」「歌を―・す」
食べた物を吐く。戻す。〈和英語林集成
雅楽などで、律呂(りつりょ)の調子を変えてうたう。
《「反切(はんせつ)」の「反」を「かえす」とよむところから》反切によって漢字の音を示す。
10 もとへ戻る。返る。ひきかえす。「寄せては―・す白波の」「取って―・す」
11 違った色に染める。染めかえす。
「小桜を黄に―・いたる鎧きて」〈平家・一〉
12 動詞の連用形に付けて用いる。
㋐その動作を初めからもう一度、または何度もしてみる。くりかえす。「本を読み―・す」「糸を巻き―・す」
㋑相手からされたのと同じことを、こちらから相手に対してする。「言い―・す」「なぐり―・す」
[可能]かえせる
[用法]かえす・もどす――「本を返す(戻す)」「もとの位置に返す(戻す)」などでは相通じて用いられる。◇「返す」は「借りた金を返す」「恩を返す」のように対人関係に用いるほか、「たなごころを反す」「踵(きびす)を返す」のような位置の転倒を意味する用法がある。これらに「戻す」を用いることはない。◇「戻す」は同じ道筋をたどって原位置に置く意が強く、「本を戻す」は、もとの場所に置く意である。「振り出しに戻す」「話を本題に戻す」のようにも用い、これらでは「返す」との交換は無理である。◇「本を返す」は所有者に返却する意であり、「返す」をもとの位置に戻す意で使うときは、多く「本を書架に返す」のように「…に」の形で場所を限定して示す。
[下接句]裏を返す裏釘(うらくぎ)を返す恩を仇(あだ)で返す腕(かいな)を返す回瀾(かいらん)を既倒(きとう)に反(かえ)す踵(きびす)を返す唇を反す踵(くびす)を返す軍配を返す言葉を返す杯を返す反りを返す掌(たなごころ)を反す手を反す手の平を返す取って返す白紙に返す

かや・す【返す】

[動サ五(四)]かえす」の音変化。中世以降の語。現代では関西・北陸地方の方言。
「ただで―・したらつまらん」〈水上・大阪の宿〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かやす【返す】

( 動四 )
「かえす(返)」の転。 「返かえすものを-・さずにおく/浄瑠璃・万年草 」 〔現在も関西地方で用いる〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

返す/反すの関連キーワード取っても付かぬやっとの思いで仇を恩で報いる手の裏を返す投げ返し発問差し手を返す掘っくり返す遣り繰り算段糞を食らえ耳を揃えるMIN関数裏を返せば往復びんたたなごころびくしゃく白紙に戻す日済し金袖を返す寸借詐欺踵を返す

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android