帰一倍一(読み)きいちばいいち

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 珠算で除数が二桁以上のときに使う九九。立てた商が大き過ぎるとき商から一を引き、被除数のところに除数の一つ分を加えるときの呼び声。
※塵劫記(1627)上「見一無頭作九一・帰一(きいち)倍一(ばいいち)・一進の十 是れは十一より十九の上の半(は)に割る時入り申す也。又百の上の半も千の上の半に割る時も同前」
② まさっていること。一倍。一層。ますます。副詞的にも用いられる。
※浄瑠璃・蒲冠者藤戸合戦(1730)三「算用のしめくくりよき悪意地は、殺すに帰一倍一の粒のはじきぞ是非もなき」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ロジ担

《「ロジ」は「ロジスティクス」の略。「後方支援担当」の意》日本の外務省で、国際会議などの舞台裏の庶務担当者をいう。政府首脳の外国訪問の際の宿舎、乗り物の手配なども担当する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android